第63回 京都薪能 〜源平盛衰〜

【日時】

平成24年 5月31日(木)・6月1日(金)(※雨天順延)
午後5時30分開演

【場所】

平安神宮

【主催】
京都市・京都能楽会
【入場料】

前売券…3,000円
当日券…4,000円

前売団体割引券…(15名以上・1枚2,700円)

(4月21日より発売予定)    

【入場券発売所】

ローソンチケット 電子チケットぴあ  
平安神宮 高島屋京都店 大丸京都店 檜書店 十松屋扇舗          
京都総合観光案内所(京都駅ビル2階) 市内各能楽堂 出演各楽師宅

【演目】

【5月31日】 
観世流能   「吉野静」          片山伸吾 
金剛流能   「清経・披講之出端」    豊嶋三千春
大蔵流狂言  「口真似」           茂山あきら 
観世流能   「鞍馬天狗・白頭」     大江信行・
浦田保親

【6月1日】 
金剛流能   「安宅・延年之舞 瀧流」 金剛永謹 
観世流能   「二人静・立出之一声」  河村晴道・吉浪壽晃

大蔵流狂言  「柑子」             茂山良暢 
観世流能   「碇潜・船出之習」     河村博重・味方 玄

          

写真は過去の公演より(ウシマド写真工房撮影)  


昭和25年、京都市と京都能楽会の共催で始まり、今や京都の初夏の風物詩となった京都薪能。夕闇の中で篝火が焚かれ、平安神宮の朱塗りの社殿が映し出されるなか、特設の能舞台が闇夜に浮かび上がります。観世・金剛・大蔵の各流派による能や狂言が楽しめるという豪華なもので、例年国内外から多くの方々が来場し、幽玄の世界に酔いしれます。

京都薪能出演者一覧 Adobe Reader